忍者の里と南房総

「南房総 忍者の里」とは

丸太渡り

南房総市富浦町大津地区の山間部にある休耕地となったビワ畑の斜面や竹林を切り開き、「忍者の里」を整備しました。
「南房総 忍者の里」は、南房総の豊かな自然の中で、忍者修行の体験を通して親子で楽しみながら学べる体験型アトラクションです。
「南房総 忍者の里」を運営している「南房総忍者の里クラブ」は、南房総の豊かな自然の中で青少年の健全な育成・スポーツ振興、及び地域の活性化に取り組んでいます。

南房総の歴史

南房総市が位置する安房地域は718年(養老2年)に上総国から分かれ、明治初期まで安房国と呼ばれていた。かつては多数の荘園があり、これらは中世末まで統治者の交代を繰り返した。戦国時代に入り、15世紀中頃に里見氏が安房統一を果たし、戦国末期に館山城を築城し、安房国統治の拠点とした。江戸時代初期、里見氏は江戸幕府により1614年(慶長19年)に改易され、以降この地は旗本領、天領、小大名の領地として分割統治された。近代に入り、1878年(明治11年)の郡区町編制法施行により郡制を施行、1897年(明治30年)には「交通の便が相互にあり且つ民族風俗に大差がない」という理由から、安房郡、平郡、朝夷郡、長狭郡の4郡を合併して、現在の安房郡の前身となる「安房郡」が形成された。2006年(平成18年)3月20日 安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町が合併し、南房総市が発足。(wikipediaより)


Webmaster

mail  ninjapanexus/yahoo.co.jp("/"="@")